筆者プロフィール

筆者戸谷有里子

印刷業界のスーパー営業マンとして19年間トップの実績

主な実績

  • 入社2年目で新規受注獲得1億円を達成
  • 営業マンとして19年間常に毎年目標を達成
  • 年間売上最高2億円以上
  • 年間3000件以上受注

小さなこだわり 6

コミュニケーション

こんにちは。
戸谷有里子です。

 

 

今日は小さなこだわりシリーズで
「言葉のチョイス」についてお話をします。

 

 

今日お話しする言葉のチョイスは、国語的なことでなく、
どうお伝えすることが相手にとって心地よいか?
ということです。

 

 

私が営業当時、一番こだわっていたのは「できない」という言葉を
使わないという事です。
「できない」という言葉はご依頼くださる方にとって結構キツイ言葉なんです。
私も言われたら嫌な言葉です。

 

 

ですので、「この納期で印刷して。」と、納品が無理な納期で言われたとしても、
「おおおっ!!お急ぎなんですね。 なかなか厳しいですね。」といいながら
その印刷物がどういう状況で、いついるか詳しく確認し、
何かを協力してもらったりしながら対応策を考えます。
「ええっ!ちょっと無理です。できませんね。」と言ってしまうとその先は無くなります。
できる方法を考える為にも「できない」という言葉は使わないようにしていました。
そのお陰で営業引退時にお客様達から
「戸谷さんは絶対仕事断らなかったね。」「なんとかしてくれる最後の砦」と言って頂きました。
心にしみる褒め言葉です。

 

 

他にも、挨拶は
「いつもお世話になっております。」でなく 「こんにちは!」「よろしくお願いします」
であったり、

 

 

「申し訳ありません。今日はお伺いできません。」でなく
「うぁ、すみません。予定していなかったです。大丈夫ですか?」

 

 

であったりです。
印象が違いますよね。お互いの空気感やお返事も変わってきます。
先がつながる言葉だと思います。

 

 

これらの言葉もすごく計算ずくで言おうと思うとぎこちなくなるので、
自分が言われたら心地よい言葉、自分ならこう言って欲しい言葉を選択すると良いと思います。

 

 

ちなみについ最近あった事ですが、
主人がお世話になっている方にご挨拶した際、
「ご主人にはいつもお世話になっております。色々と・・・・・・で、・・・・・なんですよ。
ご主人頑張られてるので、優しくしてあげてくださいね。」とお言葉を頂きました。
とても感じの良い方で、主人を労ってくださったとのだと感じました。
「こちらこそ・・・・・・・です。はい!もちろんです。これからもよろしくお願い致します。」
というご挨拶をしたのですが、これ、私が取り違いすると夫婦喧嘩になるの気がつきました?💦
女性はきがつきますよね?

 

 

優しくしてあげて = 今優しくしていない? とも取れちゃいます。
(深読みすると普段優しくないって言ってるのかしら !?って 😅)

 

 

「これからも、サポート・・」とか、「これからも、支えてあげて・・」とかの方が
私は心地よい言葉ですね。
皆さんはいかがでしょう?
ちょっとした言葉のチョイスでお話ししている印象が変わります。

 

 

自分が言われて違和感があったり、自分が言った後に空気が悪くなった時は、
どんな言葉に言い換えられるかな? 他に心地よい言葉ないかな?
と考えると良いと思います。

  • MAILMAGAZINE
  • 最新セミナー情報

ページトップへ

メルマガ登録